爪水虫 病気

爪水虫てどんな病気

爪水虫てどんな病気何でしょう?

水虫と爪水虫は、爪の間に白癬菌が侵入して起きる爪の病気なんですよ。
主に、足の爪が多く中でも親指の発症が特に多いようです。
爪の色が、変色して、白く濁り、ポロポロ欠けるのが、一般的な特徴です。

特に共有して使用するスリッパ、浴室等のマットは、感染の源となりますので、
清潔に保つ事が大事ですね。

爪水虫がやっかいな理由は、白癬菌をばら撒く事で、水虫を繰り返すので、
爪水虫と水虫を両方を完治しない限り、再び繰り返す事となります。

個人で、完治は非常に難しく、皮膚科専門医の治療をお勧め致します。


人気ブログランキングへ

爪水虫 対策

爪水虫 対策

爪水虫対策

近年、女性の間にも爪水虫で深刻に悩む方が急増しておりますが、
一つの要因として、ブーツ・ストッキング等など締付けによる足の蒸れ
特に、足には汗腺が多く存在する為、蒸れるのは仕方がないのですが

そこで、爪水虫を防止する為の工夫と対策方が必要ですね。
足の爪など不用意に伸ばさず、こまめに爪を切るなど、

最も重要な事は、足を清潔に保つこ事ですね。

通気性の良い靴下を選択し、こまめに履き替えたりする。
最近は、5本指仕様の靴下も人気があるようです。

5本指のストッキングは、存在するのでしょうか?
存在するのでしたら、爪水虫対策に貢献出来そうですね。(笑)


又、塗り薬や、スプレー薬を塗布するのも、予防に有効な一つ手段

ケンコーブックマークに投稿 人気ブログランキングへ

爪水虫 治療

爪水虫 治療

爪水虫治療方法は、どのような治療方法があるのでしょうか?

国内において水虫、爪水虫患者人口は、およそ2.500万人いると推測されます。
なんと、約5人に1人の割合ですね。

これは、現代病の代名詞と言っても過言では、ありませんね。
爪水虫治療方法は一般的に内服薬治療と外用薬治療があります。

内服薬治療と外用薬治療の違いは?

外用薬治療の場合

通常の場合薬局などで、塗り薬やスプレーのような外用薬を購入して
治すことが多いですが、爪水虫治療法は、外用薬治療で、完治させるには、
きわめて困難と言われています。

なぜららば、爪水虫の場合爪の中の組織まで薬の成分が届かない為です。

爪水虫治療において、内服薬治療は、絶大な効果が期待できます。
しかしながら、一般に薬局などでは、飲み薬は市販されいません。

その為、専門医(皮膚科)を訪れ医師の診断を受け
処方された飲み薬を服用することとなります。

完治するには多少の期間を要すと思われます。
当然、症状等により異なりますね。

自己判断で、完治したと思わず、根気よく治療をすることが大切ですね。

人気ブログランキングへ

  1 2  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。